消化不良一覧

神様になった日 評判

神様になった日の評判です。
そもそもタイトルにいわくつきの予感を感じさせます。


神様になった日

最終回の結末まで見たあとでの感想をまとめていきます。
あらすじとしては主人公の男の子成神陽太。

名前にも神様があふれています。
そんなところに自分が神様だと名乗る女の子ひなが登場します。

正体がうさんくさいですが未来を予知していくことで嘘ではないと確信されます。
発言からするとただの中2病の女の子みたいです。

服装もシスターみたいだけど。
まあ声優陣も有名なひとばかりで豪華です。

絵もかわいい感じのデザインですね。
ストーリーはとくに最初の方はただの日常系で奥深さもなにもない。

ただひながつねに世界はあと一ヶ月で終わると発言し続けている違和感。
そのままその秘密が解き明かされずに日常の生活が進んでいきます。

そういった部分ではちょっとギャグよりですかね。
そんな中でストーリーは急展開に進みます。

世界が終わるという理由がなんとなくわかってくる展開に。
ここからはちょっと悲しい展開へ。

そして陽太の優しい性格が前面に出る展開に。
最終回の結末がどうなるかと思っていると。

バッドエンドの中に幸せを見出す生活になるという展開です。
それでもバッドエンドはバッドエンドじゃんという思いはありますね。

脚本としてはお涙頂戴展開なのにそこまで奥深くもなくという。
ただ脚本はすごいわけではないですが見る価値がないとは思いませんね。

最後まで見れる感じでしたし。
同じくヒロインの声優を努めたひなの佐倉綾音さんが登場したシャーロットに近いと。

そういう人も多いですね。
高校生活ですがそんなに恋愛要素もない展開です。

まあヒロインが結果的に不幸になるという点で不満な人も多いですね。
陽太がやさしくてとにかくよくやっているという感じです。

なんとなく制作陣が訴えたいコンセプトはわかるんですけどね。
泣ける展開のはずなのに泣けるところまでいかない感じで。

どうにも消化不良なところはある感じです。
人類が滅びる話でもヒロインが死ぬ話でもなかったので。

ダークさという点でも中途半端ではありますね。
どっちかというと最後までひなが幸せな展開がよかったですけど。

たくさんの人が見ていますし見る価値がない作品だとは思っていません。

配信情報
ひかりTV DMM FOD
ユーネクスト アマゾン abema