映画一覧

鬼滅の刃 アニメ 感想

鬼滅の刃のアニメ感想です。
映画が配信されてより話題になっている感じ。


鬼滅の刃

キャラクターも魅力がある人が多くて。
これは鬼にも言えることなんですが。

ジャンプの漫画から始まったものですが。
特に話題になり始めたのはテレビ放送が始まった頃からですね。

ジャンプの連載としては最終回を迎え終了しています。
オープニングの歌はLiSAさんの紅蓮華で紅白でも歌われたので覚えている人もおおいでしょう。

ネタバレしないようにあらすじを説明すると。
時代は大正時代のお話。主人公は炭売の炭治郎。

家族が鬼に殺されて妹は鬼に変えられてしまった。
妹を鬼から人間に戻すためにたびに出るのだったというのが話の始まり。

鬼がいる時代で人間も無策だったわけではなくて。
鬼殺隊というのを作っていたのだ。

武器での鍛錬を積んだものがなれるものですが。
師匠となる人に教えてもらい剣で鬼を殺せるようになる。

鬼との戦いの日々とのんびりとした日常を描いたのがこのお話です。
鬼殺隊の中でも強いものがなれるのが柱というもので。

炭治郎も強くなるのを目指して日々修行をするのです。
映画になったのはその過程での全く途中の話です。

鬼を派手にぶっ殺すシーンも多くて子供向けではないのですが。
とても子供にも人気になっています。

この世界では鬼ももとは普通の人間でその人の人生が描かれるところに共感が得られるのだろう。日常的なシーンというのはむしろギャグ展開なんですけどね。

炭治郎は人間に害をなすはずの鬼の禰豆子を連れているから難しい立場。
人間を襲わない特殊体質の禰豆子が理解されていくのはありますけど。

1期を見ても声優はとても豪華ですし炭治郎も仲間もしっかり強くなった感じです。
これだけ人気だからおそらく2期もあるのでしょうけど。

アニメは戦っているシーンがきれいに動いているという感想評判はありますね。
もともとのジャンプの連載の作画にくらべてかわいらしいとげのない感じになっています。

剣で鬼を倒していく白熱した戦いのある世界観。
鬼や仲間たちを掘り下げた人生を描く世界観。

こういった世界観が好きな人は見てみるのもいいですね。
映画で話題になったから見てみたいという人にも良さそうですが。

配信情報
Abema


かぐや様 2期 感想

かぐや様2期動画感想です。
感想としては1期も2期もまったく同じ路線でブレがない。


かぐや様 2期

鈴木雅之さんがアニメop主題歌をやってます。
かぐや様は告らせたいアニメは映画にもなったらしい。

漫画も売れていますが実写化してもドラマにしやすい感じですね。
声優陣のキャストも豪華ですよね。

それにしても一期から全く同じ展開なのである。
恋愛というのは愛されたほうが勝ちだという常識。

だからどちらも告白しなければまったく関係が進まないという。
まあ学生だから急ぐ必要はないのですけどね。

天才たちの恋愛頭脳戦というサブタイトルが付くくらい。
恋愛に対して一見凄まじいほどの戦略が練られるが。

これが理由でお互いに空回りしたりとか。
まったくこの漫画の中ではうまくいった試しがない。

好きですと一言言わないがために2期まで進んでしまった。
このままサザエさんやドラえもんのように定番になるのだろうか。

まあ好きです付き合ってくださいというから玉砕する可能性があるのであって。
うやむやで親密になったほうが既成事実はできますよね。

そんなこんなで付き合うことにはならず楽しくいちゃついてます。
どっちかというと女性向けなんだろうか。

それでもドロドロした恋愛でないのでこれも男性も楽しめる。
自分が同じことをやっていないだろうかと。

恋愛面で勉強するための教科書になっているのかもしれない。
でも2期になって新キャラも登場してますね。

まあ女の子の立ち絵もかわいい感じになっていますね。
ヒロインのかぐや様の声優は古賀葵さんが演じている。

いろんなシチュエーションを演じ分けているのでその点ではうまいですね。
映画では橋本環奈さんが演じているがどうなっているのだろうか。

見た目としてはよく合う感じなのですけど。
700万部も売れているのだからおもしろい話になっているに違いないが。

少し前にこの映画もDVDになったらしい。
今季のアニメが映画化されるのか知りませんが見るだけで予習になるかも。

ひとのグダグダした恋愛を見るのも好きだという人にはいいかもしれない。
他の生徒会役員とのおバカな日常も楽しめるのです。

そのまわりのサポートがうまく行ったり行かなかったり。
まじめに学校で授業をしているシーンとか皆無のような気がしますねそういえば。

家柄はいい人ばっかりなんですけどね。
ナレーションの人のツッコミもいい味を出しています。

配信はabema dアニメhulu FOD DMM U-nextなどです。