ゲーム一覧

ストライクウィッチーズ 感想

ストライクウィッチーズの感想です。
3期くらいになると思いますがシリーズ名はroad to berlin。

 


ストライクウィッチーズ

順番がわからなくなるほど長いあいだやっているような感じです。
ゲームにもなっているし可愛い画像の女の子が多数登場します。

ネタバレしない程度にあらすじを説明すると。
ネウロイという異型の侵略者がドイツのあたりを占領している。

それを殲滅しようとしているのがストライカーユニットというのを装備している女の子。
若い子でないとこれを動かす魔力を持っていないという設定。

艦隊これくしょんの航空版みたいなものか。
空母みたいなものの名前がついているわけではないけど。

なぜ女の子かは3期とも見ているけど語られていないような。
ドイツを開放するとかみんなを守るために働くという設定はとてもまじめ。

ただ中身はちょっと不真面目か。
男の子が喜ぶようにちょっとエロいシーンというのも結構多い。

そもそもあの制服だってけしからんような気がしますけど。
戦っているところはいたってまじめですけどね。

イケメンが出てこないので恋愛要素はなし。
むしろ女の子同士で愛し合っているような気もする。

戦いは白熱するけど主人公や仲間が死ぬようには全く見えない作品。
安心してみていられるけど拍子抜けではあるかな。

やっぱり見どころは可愛い女の子たちの登場と。
あとは白熱した戦いなのだろう。

作品がかなり長いので声優さんも同じ人がやっていて年齢を重ねている感じです。
ちなみに最終回までみているけど完結しているわけではないようです。

いい意味で1期2期と同じ流れでアニメを終えれた感じですね。
毎期とりあえずハッピーエンドで終わっているところが安定でいい感じではあります。

旧作のファンの方も初めてさんでも楽しんで見れる作品ではあると思います。

配信情報
Amazon Abema ユーネクスト
ひかりTV FOD DMM


ソードアートオンライン アリシゼーション 動画 感想

ソードアートオンラインアリシゼーション war of underworld感想です。
実にタイトルの長いアニメですが4クールの3期目を今やっています。


アリシゼーション

アニメ動画だけでなくゲームアプリもあって好評です。
1期からあって漫画のコミックもアニメも多数ある実績のある作品になりました。

アリシゼーションというのはあくまでも一部の話でしかない。
MMOというオンラインゲームの中での戦いがwar of underworldです。

もともとはヘルメットのようなものをつけてオンラインゲームにダイブするのが原点。
1期ではそのオンラインゲーム内で死ぬと実世界でも脳が焼かれて死ぬという設定。

そのときには本当に命がけの緊迫感のある話でした。
その後の期でも違うゲームの舞台にダイブしながらヒロインたちを救ってきたのです。

今期に出てくる女の子たちも以前の期に登場した女の子たちもおおいですね。
どの期でも緊迫した戦いやしっかりしたストーリー設計で人気を博してきました。

そんな主人公の男の子のキリトがとある事件に巻き込まれまたゲームにダイブすることになった話。アリシゼーション war of underworldは4クールの3クール目です。

1年かけてアニメを放送するくらいの大作です。
アリシゼーションというのはゲーム内のアリスという女の子に関わる計画の名前。

それがゲーム内での戦いに発展していくのですネタバレしないようにあらすじを話すと。
前回の2クールで激しい戦い後に戦えなくって迎えた3クール目。

ある意味ストーリーがわかりやすくてキリトが復活して敵を倒すことになっていくわけですが。
登場キャラも多いですが女性陣も可愛キャラ豪華声優陣が揃っています。

昔からフィギュアなどのグッズもとても人気のある作品ですから。
今回も剣や神聖術という魔法のようなものを使って戦うファンタジーな世界。

他の仲間が苦労したり死んでもキリトが何でもなんとかしてしまう。
そういう決まった結末が好きになれるかですね。

でも主人公や仲間が死んで不幸になるものは賛同されないので王道がいいですが。
コロナで放送予定が3ヶ月遅くなっているので2020年末までの放送予定です。

いつもの展開に飽きたという声もありますがあいかわらず人気で見ている人も多いようです。
過去期の作品も見て今期の作品のやりとりを理解するというのもいいですね。

なんとなく結末はわかりつつも継続して視聴させられる魅力はあるように思います。
abemaであれば最新話だけ無料でみれますね。

配信情報
abema ひかりTV FOD
ユーネクスト Amazon DMM


ダーウィンズゲーム アニメ 評価

ダーウィンズゲームのアニメ動画の評価も高いです。
漫画では最新巻何巻まで進んでいるのかわかりませんが。


ダーウィンズゲーム

最終回としては2期がありそうな感じ。
アニメ化としては思いの外評価の良い感想が多かった気がします。

まあ声優陣もごうかだと思います。
チャンピオンに掲載の作品です。

それではネタバレしすぎないようにあらすじを。
アニメの舞台というとリアルソーシャルゲームになります。

ダーウィンズゲームというアプリを起動してしまったためにプレイヤーとなります。
主人公はカナメという男子高校生です。

そんなゲームの中にはアプリを起動してゲームに招待されてしまった人が多数です。

ゲームの中に召喚されるというよりも普段生活する街がゲームの舞台になってしまう。
しかもゲームで死ぬと本当に死んでしまうし自由にゲームから離脱することもできない。

カナメはゲームに招待されてきぐるみ姿の人にいきなり殺されそうになります。
しかもこのゲームに招待されるとみんな一つ特殊能力をもらえます。

これは最初から選べるものではないので恵まれた特殊能力でないと生き残るのも難しい。
ゲームの中ではプレイヤー同士でバトルをして勝つと莫大な報奨金がもらえます。

なので命がけでも殺し合いのバトルをするのも悪くないと考えるプレイヤーも多いのです。
もちろん一人で戦っていても分が悪いので自然とチームを作っていきます。

カナメにも戦いの中で知り合った仲間たちとチームを組んでいきます。
チーム戦もあってすごい能力者とも戦って勝って生き残っていかないといけないのです。

恋愛の要素というとシュカという強い能力の女の子との関係です。
カナメと戦うことでベタぼれして。この作品では恋愛に関しては相手が一人ということでは純粋です。

バトルでは命がかかっているのでやはり白熱したシーンになっていますね。
もともと知名度はそこまでなかったので作品を見ておもしろいと評価している人が多いですね。

カナメは戦っても殺さない主義で勝った相手も仲間にしていく主義。
こういった正義路線が好まれるところもあると思います。

ただバトルで殺さないで済ますというのは難しいという現実に直面していきますが。
終わり方も正義が勝つようなきれいな終わり方ではあった。

ストーリーなんかも違和感なく楽しめる感じ。
悪役とのやりとり駆け引きになりますがドキドキ感はありましたね。

ソーシャルゲームのバトル部分の白熱をそのままうまくいかせている感じです。

配信サービス
abema ユーネクスト amazon
FOD ひかりTV DMM


痛いのは 動画 感想

痛いのはの動画も人気でした。
正式名称は痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。


痛いのは

アニメ2期も期待される作品ではないでしょうか。
もともとはなろう系の小説ですがアニメの放送時期はしっかり漫画も売れてました。

感想やあらすじとしてはVRMMOというゲームの中にダイブするものです。
剣や魔法特殊能力などを使って戦っていくタイプの世界です。

主人公はもともと女子高生の防御力極振りメイプル。
防御力特化にスキルをふるという独特のプレイスタイルです。

声は本渡楓さんのおっとりした声がぴったりの天然なキャラです。
このアニメの女性陣の立ち絵はみなさんかわいいですよ総じて。

ゲーム上のキャラは防御に極振りなので攻撃力が弱く移動速度がとても遅かったりします。
ただこれも特殊能力を得ることでどんどん回避しますが。

もともとゲームのプレイバランスが通常プレイに合わされているので。
とんでもないチートクラスのスキルなどを身に着けていく。

運営さんがぼやきながら修正しているシーンも見られます。
ゲーム上のダメージは少し痛い感じみたいですが死んでも簡単に復活する感じ。

ギルドを形成しながらイベントを片付ける感じですね。
よくある主人公がめちゃくちゃ強い感じで漫画の部数も70万部の販売を超えるそうです。

まあ戦っているといっても深刻な戦いではないかなと言う感じ。
ギルド同士の競争を経ながら他のギルドのメンバーとも仲良くなる感じ。

ゆるい感じで話が進みながら都合の良い展開で主人公たちがどんどん強くなるという。
特にメイプルがですが。ゲームの設定世界に見合わない特殊能力まで。

もちろん防御力に極振りしているのでどんなに強い相手でもほとんどダメージを受けないくらい。レベルが低い雑魚であればメイプル一人でボコボコにする感じですね。

まあ声優陣も他のアニメでは主人公を務める方たちが多くてとても豪華です。
展開がご都合主義すぎるけど深く考えたらだめなやつです。

主人公が強くて女の子たちがかわいければそれでいいのですというアニメ。
といっても数少ない強敵と戦っているときだけは戦闘が白熱するかな。

オンライゲームとしてはこんなゆるいゲームなんてありえないのでしょうけど。
2期がどういう展開で話が進むかですけどね。

基本は同じ感じになるのかもしれませんね。
なんだかんだ言いながらみんなも見てるみたいだし自分も見るかな。

配信サービス
amazon、ユーネクスト、光TV、abema、FOD
DMM


社長バトルの時間 評価

 

社長バトルの時間の評価です。

社長バトルの時間ですはもともとスマホゲームです。
正式名称は「社長、バトルの時間です」ですけど。


社長バトルの時間

、はなんなんだという感じですけどね。
ゲームの方ではリマセラや最強キャラでの攻略が話題になってますけど。

アニメの評価としてはまあまあなんではないですかね。
舞台としてはこちらも剣と魔法を使う世界。

冒険をしてモンスターを倒しながらお金を稼いでいくという。
お宝を見つけてもお金になりますけどね。

主人公の男の子はミナト。
もともとお父さんが社長だったキボウカンパニーをいきなり継ぐことに。

もともとの社員をやりくりしながら冒険をこなしてお金を稼ぐのです。
主人公のミナトは戦いという点では無能力者。

どちらかというと頭で他の社員をサポートするという管理職なのです。
もちろん他にも冒険で糧を得ている会社も多数あるわけで。

そういった社員も登場して話が広がってきます。
バトルと言ってもあんまり緊迫している感じではないですね。

まったく死ぬようなことはなさそうなたたかいですから。
むしろちょっとギャグアニメの要素というのがあるかもしれません。

ゲームとしてはもっといろんなキャラがいるのでアニメにも登場しそうですね。
漫画の方も去年辺りから連載されています。

ミナトはお金のないキボウカンパニーを立て直していくのです。
冒険をして生計を建てる会社ですが中身は本当に会社っぽい。

まあ登場キャラはくせのないかわいい感じの絵柄になっていますかね。
ストーリーが深いとかそれぞれに深い思い入れが湧く感じの重厚な話でもないかな。

あまり考えずにストーリー展開を見るアニメですかね。
剣と魔法の世界観が好きな人ならとりあえず見ておくかというアニメかもしれません。

まあそういう点ではゲームのほうがやりがいはあるのかも。
もちろんゲームがアニメになれば違った楽しみはあるのでしょうけど。

かわいい女の子に囲まれているけどミナトが奥手なので。
あまり恋愛面でもそういう話にはなってこないですね。

配信はabema dアニメ FOD hulu ユーネクストなどでやっています。